THE MENTALIST「メンタリスト」シーズン5 ネタばれあり

THE MENTALIST/メンタリスト <ファイナル・シーズン> コンプリート・ボックス (7枚組) [DVD]

ついにレッド・ジョンをおぼろげながら尻尾を掴めそうなくらいに追い続けた主人公パトリック・ジェーン(以下パトリック)
レッド・ジョン候補をローレライ・マーティン(以下ローレライ)が発した「過去にパトリックが握手した人」と言う
言葉をキーワードに7人まで容疑者候補を割り出すパトリック。

テレサ・リズボンに7人の容疑者を告げようとするパトリックにレッド・ジョンから電話がありパトリックの導き出した7人の容疑者が何故かレッド・ジョンには判ってしまっていた。

メンタリストはシーズン7がファイナルシーズンとなりますが、私が見たシーズン1~5までの中では、今回のシーズン5が一番レッド・ジョンに関してヒントやパトリックの過去に関して重要な登場人物が多かったシ―ズンだったように思われます。

過去のシーズンでは霊能力者の女性クリスティーナ・フライが登場した時はパトリックと、今後どういう形で絡んでくるのか?彼女はレッド・ジョンとどういう関係を持たせるのか?などいろいろ考えもしましたが、クリスティーナ・フライは、テレビ番組でレッド・ジョンについて話し刺激したため、拉致され、霊能力者らしく?抜け殻状態にされ、「自分は既に死んでいる」と精神的な操作をさせられてしまうと形はありました。

シーズン5全体的にはこれまで通りに、パトリックがレッド・ジョンを追うと言う基本的な部分か変わっていませんが、これまであまり描かれていなかったパトリックの過去が2話登場しました。

その1話

第2話「血染めのダイヤ」では初めてパトリックの娘シャーロットが描かれています。
殺人操作で訪れたパトリックやCBI捜査官。相変わらず勝手に人様の家のお茶をのむパトリック。
しかし飲んでしまったのが、幻覚をみる麻薬で意識がもうろうとして状態で幻覚の中で登場するのが、幼い頃にレッド・ジョンによって殺されたパトリックの娘シャーロット。シャーロットは成長した姿になっている。)
これまでパトリックには、奥さんと娘がいるのは台詞では登場してきましたが、これまでのシーズンでは姿は登場しませんでしたが、この第2話で初めて娘のシャーロットが登場しました。

その2話

第5話「赤い朝焼け」でパトリックがどうしてCBIのコンサルタントとなったのか?が
判明します。
パトリックはレッド・ジョンに奥さんと娘を殺され、自分がレッド・ジョンを刺激したからだと悟り精神病院に半年入院して退院後にボロボロの服を着て、レッド・ジョン事件の担当になったばかりのテレサ・リズボンの前に登場します。
持ち前の高い観察眼から犯人を特定し、事件を解決に導き、その事がきっかけでCBIのコンサルタントと言う地位に収まった事が判明しました。


これまでのシーズンでパトリックの過去は数話描かれていた事もありました。サーカス小屋に
いたとか、幼い頃から観察力は強かった。など。シーズン5のこの2話ではより鮮明にパトリックの過去が描かれていました。

レッド・ジョンに関して個人的な感想では、不可思議な事が多すぎると感じています。シーズン1~5迄みた限りでは、そのシーズン最後の1話~2話でレッド・ジョンは派手に動く傾向にあります。(ドラマですから当然引き延ばさないとなりませんので)
人間を自分が死んでもレッド・ジョンを守る。と思わせる程強く洗脳が出来るものなのか?とか最初の方に述べましたが、何故パトリックが候補とした7人の容疑者が判ったのか?防犯カメラか何かがパトリックの部屋に忍ばせてあったのか?書き出せばキリがないのです。
レッド・ジョンに関して言えばもう1つ。

シーズン5迄が終わり116話が放送されましたが、実際レッド・ジョンが登場したのは、確か変装して2話か3話程度しかありません。他は全て捜査員達の会話や変声機を使った声しか登場していません。
この事も大変貴重な人物であると想像出来ます。
インターネットでは既にレッド・ジョンの正体は判明しているようです。
私的には、ネタバレは嫌いではないのですが、確信に当たる部分ですので、まだ見ないでおきます。
どういう風にファイナルシーズンをまとめ上げるのか?残り2シーズンですが楽しみに見たいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。