「BONES 骨は語る」登場人物 キャスト ネタバレあり

「BONES」は2005年から始まった一風変わった刑事ドラマです。
BONES、骨です。骨に残った傷から事件の真相を暴いていくのです。すごい話ですよね。

テンペランス・ブレナン Dr. Temperance Brennan

BONES ボーンズ 骨は語る シーズン3 Vol.1

主人公のテンペランス・ブレナン(エミリー・デシャネル)、通称ボーンズは骨を見るだけで年齢・性別・人種はすぐに分かってしまいます。

予想や推測などは全く受け入れず、事実でのみ判断する自他ともに認める天才ですが、周りの人に合わせるという事をしないのでその発言に引かれることもしばしば。科学的で論理的なものしか信じないので宗教や心理学などは理解しません。

シーリー・ブースとコンビを組むようになってから彼の影響で少しずつではあるが変わって成長していきます。ベストセラー作家でもありものすごい資産家でもあります。

でも幼少のころは両親のせいで里親を転々とするなど、辛い体験もしてきました。危険な時にブースが守ろうとしますが、マーシャルアーツの達人でもある為自分で何とか出来てしまいます。

意外にもバツ1です。ブースとは惹かれあっているもなかなかまとまりませんでした。シーズン6でやっと結ばれシーズン7では2人の間に女の子が生まれます。このシーズン7はブレナン役のエミリー・デシャネルの実生活での妊娠・出産の為13話までしかありませんでした。ここまで来てもなかなか結婚しない2人にやきもきしつつ、シーズン9でやっと結婚しました。

シーリー・ブース Seeley Booth

BONES ボーンズ 骨は語る シーズン5 Vol.6(第11話~第12話)
シーリー・ブース(デヴィッド・ボレアナズ)は元陸軍の凄腕スナイパー、現在はFBIの特別捜査官です。敬虔なクリスチャンでもあり刑事のカンで動くブースはボーンズの理解を超える、対極にいるような人物です。お互いに付き合っている相手がいたりもするがだんだんとボーンズに惹かれていくことになります。結婚はしていませんが息子が一人います。

ボーンズが調べるのは骨だけですが、その他のメンバーも様々なスペシャリストで個性的です。



ジャック・ホッジンズ Dr.Jack Hodgins

BONES ボーンズ 骨は語る シーズン5 Vol.9(第17話~第18話)

「バグ・ガイ(虫男)」と言われる自称「ラボのキング」ことジャック・ホッジンズ(T・J・サイン)はもと大金持ちのぼんぼんですが、ある事件で資産を全て失います。

資産を失っても全くへこたれずにいる明るい彼はとても素敵。

とにかく仕事大好き、虫大好きです。とあるエピソードでボーンズとは一緒に車ごと地中に埋めれらて死にそうになった経験があり、その時も二人の科学的知識で乗り切った頼りになる仲間です。陰謀論者でもあります。

アンジェラ・モンテネグロ Angela Montenegro

BONES ボーンズ 骨は語る シーズン3 Vol.5

ブレナンの親友のアンジェラ・モンテネグロ(ミカエラ・コンリン)はセクシーな美人でボーンズの事を誰よりも理解しています。

ちょっとずれたボーンズの感覚を注意したり気づかせることの出来る大事な存在です。

ラボでは主に顔の復元をして遺体の身元を特定します。メンバーの些細な変化に誰よりも目ざとく彼女に隠し事は出来ません。ジャック・ホッジンズの妻でもあります。

ちょくちょく出てくる父親がインパクトのあるヴィジュアルで面白いです。「ZZ TOP」ってバンドのミュージシャンだそうです。(ビリー・ギボンズ)

三井住友VISAクラシックカード 初年度年会費無料!

ランス・スイーツ Dr.Lance Sweets

BONES ボーンズ 骨は語る シーズン5 Vol.5(第9話~第10話)
第3シーズンから登場した心理学者のランス・スイーツ(ジョン・フランシス・デイリー)はまだまだ貫禄もない頼りない雰囲気に最初は軽くあしらわれる感じでしたが、心理学を全く受け入れないブレナンからも信頼されるようになります。ブレナンとブースの家に転がり込んでしばらく暮らしていた時期もある家族のような存在にまでなりましたが、シーズン10で殺害されてしまいます。彼の亡き後、ブースの新しい相棒としてジェームズ・オーブリー捜査官が新しく加わりました。痩せの大食いでいつも何か食べています。これからどうBONESのメンバーと馴染んで行くのか、なくてはならない存在になれるのか楽しみです。

カミール・サローヤン Dr.Camille Saroyan

BONES ボーンズ 骨は語る シーズン5 Vol.2(第3話~第4話)
第2シーズンから登場のカミール・サローヤン(タマラ・テイラー)は病理学者でジェファソニアン研究所の所長、ボーンズの上司です。以前シーリー・ブースと付き合っていたスタイル抜群の才女です。骨ではなく、主に肉系を調べ、所長なのに現場派です。
昔の彼が殺害され、その彼の娘を養女にすることになり、大学生の娘の母でもあります。現在はボーンズの補佐の一人、アラスト・バジリと交際中です。



ザック・アディ Zack Addy


このメインの登場人物達の他、シーズン1からブレナンが高く評価していたザック・アディという学生がいますが、彼が事件に巻き込まれていき、彼の去ったあとに候補生として数人が入れ替わりで出演しています。
それぞれの候補生がまた個性的で、彼らのドラマも要チェックです。

事件の解決ストーリーも秀逸ですが、登場人物の織り成すドラマが本当に面白いBONES。
FOXチャンネルでシーズン10を放送中です。シーズン11はデジタル配信中です。

私はFOXチャンネルでシーズン8の初めぐらいまで観ていましたが引っ越し時に工事の都合で三か月ほどケーブルテレビを見れなくなりそのまま再放送がないので、観れていない状況です。

huluではシーズン1からシーズン9までやってますが、字幕版だけなので微妙な感じです。最初から字幕版をみていれば問題ないのでしょうが、吹き替え版から字幕版に帰るとかなり印象が違ってくるので。

海外ドラマにはまるきっかとなった「24 -TWENTY FOUR」も最初は深夜?朝方?に地上波で吹き替え版でやっているのを早朝ゴルフに行く車の中で観て、DVDレンタルしたのが始まりでした。

今でもジャック・バウアーの声は吹き替えでないと気持ち悪いです。

やはり、シーズン8からFOXチャンネルで吹き替え版を再放送するのを待ちたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。