光インターネットの引っ越しは要注意。3か月かかった。

hikariinternet
DMM.com証券

総務省発表のデータによると、光回線(FTTH)の全国普及率は平成27年で47.9%だそうです。

http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/data/ftth02.html

およそ、2件に一件が光回線を利用しているということになりますね。

私の事業所でも数年前からケーブルテレビ回線のインターネットから光回線のインターネットに切り替えました。

そして昨年末の引っ越しの時ですが、12月末に引越して新年あけより新しい場所で営業する予定でしたので、11月ぐらいからKCNのケーブル会社の営業の人間と話をすすめました。

そこで驚いたのが、事業所の角まで光回線が来ているけどもそれが、県道の上にあたるので県に工事許可をとらないといけない。だいたい三か月ほどかかるという事でした。

とてもではありませんんが、新年明けの営業には間に合いそうもありません。

たまたま、転居先にもともとひいてあったSO-NET(フレッツ光回線)があったので、KCNのひかりインターネットがつながるまではそれを使用することでなんとかなりました。

元の場所の事業所の場所に最初にケーブルインターネットをひいたときも、数年前にひかりインターネットに変えて同時にケーブルテレビをひいたときも工事が必要でしたが、そんなには待たされませんでした。どうやら住宅地の中でしたので全面道路は市道か何かで工事許可がおりやすかったのか、そもそも許可が必要なかったのか。当時の担当者はそんなことなにも言ってませんでした。

転居先で同時に電話回線の引き込み工事もしましたが、やはり同じ県道の上空にある電線あたりから線を引き込みしてましたが、工事の許可の話等もなく、すぐに工事してくれました。

なんなんでしょうか。光回線だけ特別なのでしょうか。それとも、ただ単にKCNの工事が時間かかっただけなのでしょうか。

インターネットに関しては上記に書いたようにもともとあるフレッツひかりの光インターネット接続で対応できましたが、隣接する自宅でケーブルテレビがおよそ三か月観れなくなりました。
また、ブルーレイ楽見録というKCN専用のHDDレコーダーをレンタルしておりましたが一旦、返却、次回開通後に新たにレンタルとゆうことで録画してあった映画や海外ドラマもあきらめるしかありませんでした。

昨年末よりhuluに加入していたので、なんとか別のドラマ等を楽しむことは出来ましたがどうしてもKCNのケーブルテレビのチャンネルで
スーパードラマTV
AXN
FOX TV
なでやっていた最新の海外ドラマは、約三か月あきらめました。

映画とかならいいのですが、当然ながらドラマは続きものなので困りました。
huluでも海外ドラマは多数ありますが、大半が少し前のまでしかありません。

三か月後にケーブルテレビ開通したときにはほとんど、最終話でいまだにその間のエピソードの再放送がないので観れない海外ドラマがいくつかあります。

HAWAII FIVE-0
ARROW / アローです。

現在、最新シーズンやってますが途中を観てないので、最新シーズンを見るわけにもいかず困ってます。また、週末などに以前のシーズンを一気に再放送するタイミングを待ってます。
動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題

話は戻りますが、奈良市内にかなり以前から取引のある印鑑や名刺等の印刷物を作っている会社があるのですが、そちらもだいたい同じ時期ぐらいに事業所を転居されました。

しかも県道を挟んでななめ向かいです。(詳しい理由は分かりませんが)うちの引越し前に名刺などを頼みに行ったのですが、うちと違って転居先にインターネット回線があるわけもなく、やはり三か月待ちぐらいだったので、ISDN回線で光回線が来るまでしのいでいるとの事でした。印刷関係の仕事なので画像関連のファイルの送受信も多くISDN回線でインターネットは大変だと言ってました。

今まで何度も電話回線を引く工事などを体験してきましたが、KCNのケーブルテレビとひかりインターネットの引っ越しにこんなに時間かかるとは思いませんでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。