KCNのブルーレイ楽見録DXについて TZ-BDT920PW

飛ぶたび、買うたび、マイルがたまる。JALカード!


KCN(近鉄ケーブルネットワーク)のケーブルテレビをデジタルHDプライムコースで利用しておりますが、昨年末からの引っ越し時に月々の費用にいくらか上乗せで以前の500MBのHDDダブル録画タイプから1TBのHDDタイプ(TZ-BDT920PW)に変更しました。

  • その他に
  • 外付けUSB-HDD対応。
  • 15倍録画モード で長時間録画が可能。
  • トリプルチューナー内蔵で3番組同時録画可能。
  • DLNA対応でホームネットワークで別の部屋へテレビ番組を転送可能。 タブレットやスマホでも録画した番組や放送中の番組を視聴可能。
  • 外出先からリモート予約録画可能。

と、ゆう事でした。

同じPanasonic製品ですが、とても高機能になり期待してました。

パナソニックTZ-BDT920PW

が、以前の古い機種では通常に出来た事が出来なくなりました。

  • DVDへの倍速ダビング
    録画した番組の映画やドラマなどのカテゴリわけ
    DVDへのダビングじの録画モードの指定(LPモード、SPモード、XPモードなど)

どれも非常に不便になりました。
特にDVDへの倍速ダビングが出来なくなったので、片面2層のDVDメディアなどにLPモードで8時間ほどダビングしようと思うと、正味8時間かります。これは非常に不便です。

また、上記とは関係ありませんがDVDへダビングする前にCMカットなどの編集を全てリモコンでするのですが、リモコンのタッチが旧機種に比べて格段に悪くなっており非常に編集作業がやりにくくなってます。

同じように最新の高機能機種に変更して不便な思いをされている方がたくさんいると思うのですが。

う~ん。
最近どうもパナソニックさんとは相性悪いです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。