MVNOの格安SIMスマホ 予備の代替機

早いものでdocomoからOCNモバイルONEの格安SIMに変更してもうすぐ1年になります。 もともとdocomoでSAMSUNG GALAXY S III αを使用して、
MNP(Mobile Number Portabilityモバイルナンバーポータビリティ)でSIMカードだけ入れ替えて電話番号はそのままで使用していました。 Web検索、lineぐらいしかしないのでそのままでも問題なかったのですが、昨年末にテザリングを使用する機会があったので、急いでSIMフリースマートフォン ファーウェイ Huawei P8 lite ホワイト16GB に、買い替えました。

Amazon: Huawei SIMフリースマートフォン P8 lite (ホワイト)

ブラック Amazon: Huawei SIMフリースマートフォン P8 lite (ブラック)

ゴールド Amazon: Huawei SIMフリースマートフォン P8 lite (ゴールド)

以前使用していたサムスン ギャラクシー3アルファは、故障時の代替機というが予備機においてました。 年が明けて仕事関係の必要性からギャラクシー3を知り合いに譲りました。 と、ゆう分けで現在は予備機なしという状況です。

NTTドコモ、au(KDDIグループ)、ソフトバンクモバイルなどの三大キャリアメーカーで購入したスマホなら、故障や破損、水没等の時にでも代替機を貸してくれます。 SIMフリースマホを買った場合は通常は初期不良であっても修理対応なので代替機などはありません。

MVNO(Mobile Virtual Network Operator 仮想移動体通信事業者)と言われている格安SIM提供事業者がスマホ本体とセットで販売している場合がよくありますよね。 そのような場合はMVNO事業者によっては、新規申込時に同時に申し込むと代替機を貸してくれたり、交換してくれるサービスがある場合があります。

楽天モバイルなどでは月額利用料500円の端末補償サービスに加入していれば、機種にもよりますが、年2回まで修理内容によって交換または、メーカー修理。修理の場合は代替機を当日発送で送ってくるようです。 楽天モバイル端末保障 個人的にはせっかく格安SIMカード仕様で月々の使用料金を安くしてるのに万一の為に月額500円は払いたくないですけどね。

今回の私のようにSIMと、端末を別々に購入した場合は代替機などありません。 各メーカーに問い合わせて宅配便なで送付して修理する形となります。メーカーや状況によっても違いますがおおむね1週間から2週間ぐらいが多いそうです。という事はその感はスマートフォンが使えないという事になります。2~3日ならともかく、2週間はさすがにたいていの人が困ると思います。

Amazon:Huawei SIMフリースマートフォン Ascend G620S(ブラック)(LTE対応) G620S-L02/BK

が、2016/01/24現在13,300円から14,000円程度で販売されております。とりあえず購入日より1年間は通常使用による故障は無償修理してくれますので、上記のような激安SIMフリースマホを買って、修理上がるまで待って、修理出来たらヤフオク等で売り飛ばそうかと思ってます。

水没、落下など無償修理にならないような場合は、そもそも修理代が最低でも1万円以上必要と思うので新たな機種を買った方が早いですね。 Huawei製品サポートについて Huaweiホームページ

http://consumer.huawei.com/jp/support/about/index.htm

ネットで見たところによると、メールで連絡するとPDFで必要書類がメールの添付ファイルで送られてくるそうです。そのPDFファイルに必要事項を記入してスキャンした書面を購入日が分かるものと一緒に送付したら、修理受付となるそうです。ネット等での購入も多いと思いますが、その場合は購入画面のスクリーンショット画像の添付でも良いそうです。

また、個人的には待ったり並んだりするのが大嫌いなのでメールと宅配便で済むのであればそちらの方がありがたいです。会社に宅配業者が頻繁に集荷にきているので、わざわざコンビニや郵便局に持ち込む必要もないですし。 Docomo使ってたと時は手続きのの度に、お店に行って整理券渡されて、待たされて・・・仕事柄、平日の何時でもドコモショップに行けたのですが、それでも混んでました。週末とかに行ったらどんな事になるんだろうと思ってました。想像もしたくないですが。  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。