格安Sim OCNモバイルONEとぷららモバイルLTEに変更

今、なにかと話題のMVNO提供の格安Simカード

使ってますか?
私は今年初めから使っています。
なぜかまわりには誰一人として使っている人はいませんが・・・

事の始まりは昨年末ぐらいに大好きな海外ドラマ
『24-TWENTY FOUR-』最新作『リブ・アナザー・デイ』を入手したところから始まります。

早速自宅にて見ましたが、ファイナルシーズン(シーズン8)から約4年もの期間があいていたこともあり、なんだかなぜジャック・バウアーが隠れているのかとかがよく分かりません。

これではダメだと思い、かねてより友人にすすめられていたhuluに入会してシーズン7より観賞しておりました。
2週間はお試しで見たい放題ですし。

ちょうど引越し前の手続きなどで外で時間待ちすることも多くその都度、docomoのSAMSUNG GALAXY S III αでテザリングしてipadで楽しく観賞しておりました。

んが、しかあしっ!

ある日突然docomoから「データ量を超過したので、速度を落とします。落としたくなかったら、各容量につきいくらいくら払えと」メールが来ました。

その時まで、自宅も職場もWi-Fi回線を使用していたので、docomoとの契約の詳細など気にもしていませんでした。

その通信制限後のスピードの遅いこと遅いこと。お話になりません。
外出時にlineにスタンプ送ってこられても見れません。

そんなことを知人にボヤいたら
昨年9月より始まった「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」と、いうのを教えてもらい、即効契約しました。

http://www.plala.or.jp/lte/

LTEモバイルルーターFS010Wが、ぷららのホームページで紹介されていましたが、売り切れだったので、ヤフオクで新品を送料別で14,500円で買いました。結果は当時はとても快適でした。
huluで、外出先でipadでTWENTY FOUR観る程度でしたら何にも問題ありませんでした。
これで月額2,980円はお得なんではないかと思い、そこでもともとあまり気にしてなかったdocomoの契約内容が気になり、請求書などを良くみると、なんだか高すぎ。もともと、電話はほとんどしないか、しても30秒ぐらいで切るほうなのですが、機種代の分割払いもありほぼ毎月1万円は超えてました。
2014年からドコモは他のキャリアにかけて、いくら話しても完全定額サービスの提供を始めましたが、私のプランはXiカケ・ホーダイとかいうプランでドコモ同士でないと定額にならないプランでした。

そこで、スマホの方も格安Simに変更することにしました。
OCNモバイルONEです。

OCN モバイル ONE データ通信専用SIM 170MB/日コース

電話も出来る音声対応Simで月額1,600円(税別)という破格の安さなので、即効契約しました。
電話番号はMNPでドコモからOCNへ移行しました。

少し残っていたDOCOMOのサムスン ギャラクシーs3α機種代の分割金と途中解約の違約金で約2万円。
もともと持っていたスマホが液晶が派手に割れていたので、ドコモの何とか保険を使って新品(リフレッシュ品?)で、5,000円ほど出費しましたが、当然ながらドコモとOCNは同じキャリアなので、Simロック解除等は必要なくそのあたりの費用は不要でした。

その後、少し環境が変わり外出先で一定時間以上待つことが日常的になくなったので5月ぐらいにぷららモバイルLTEは解約しました。
今でもガソリンスタンドでの洗車待ち時間等にはスマホでhulu動画などを見ていますが、OCNモバイルONEの110MB/日コースで何ら問題ありません。

OCNモバイルONEの格安Simカードでドコモの端末の機種を使用しているので問題点は2だけあります。
起動時にドコモサービスの初期設定画面になってdocomoID認証エラーが毎回でます。
それとテザリングは利用できません。

まあ、毎日再起動してるわけでもないしテザリング機能もめったに必要ないので、今のところ全く問題ないですね。
ZenFone 2などのSIMロックフリーモデルのスマートフォンなどでしたら問題ないようですので、次に何かのタイミングで買い替えれば問題は皆無になると思います。

ZenFone 2 メモリ2GB/ストレージ32GB なら、35,000円弱ぐらいでありますし。

スペックはやや落ちるようですがiPhone 6sやGalaxy S6に比べると格段に安いので、気にもなりませんね。

今はスマホにかかる費用は月々、1,800~2,200円と1年前と比べるとあり得ないぐらい安くなりました。

あと、OCNモバイルONEを契約すると無料で050plusというIP電話がついてきて、専用の番号ももらえますが、これはあちこちのサイトで書かれているように使い物になりません。
移動中でなければlineの無料通話の方がよっぽど通話品質がいいです。



2015年末ぐらいにはに老舗プロバイダのniftyが運営するニフモ(Nifmo)から通話もかけ放題の格安Simが出る予定だそうです。
こちらも利用している回線がOCNと同じくドコモのLTE・3G回線なのでエリア、スピードとも安心できますね。

安倍総理も「スマホ代が高いっ」とかおっしゃったそうですが、もうスマホ代に月々1万円以上払う時代は終わったような気がします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。