Orphan Black/オーファン・ブラック 暴走遺伝子

オーファン・ブラック 暴走遺伝子2 DVD-BOX

主人公のサラはシングルマザーで、まだ小さい娘キラとの生活は楽ではありませんでした。ある時、キラを養母ミセスSに預け、生活費を稼ぐために、売人で恋人でもあるヴィックからコカインを盗み出しました。

そして逃亡中、サラはある女性の死に立ち居わせます。その女性は、自分の身の回りのものを鞄の中にしまい、駅のプラットホームから飛び降りようとしていました。サラが止めようとするものの、彼女は飛び降りて即死してしまいます。しかし、もっと驚くべきことは、その女性とサラの顔が瓜二つだったということです。

サラは、ショックを受けながらも女性がプラットホームに残した鞄を家に持ち帰り、中を調べると、彼女の免許証や多額の現金や自宅の鍵が入っていました。そして、女性の名はベスでした。興味を持ったサラが免許証の住所を頼りに家に行ってみると、そこは高級マンションで駐車場には高級車が止まっていたのです。

ベスと瓜二つのサラは、あることを思いつきました。それは、ベスになりすまして生きることです。そうすれば、お金の心配なくキラと生活できると思ったからです。サラは孤児院で姉弟のように育ったフェリックスに協力を頼みました。彼に死体安置所へ行って、プラットホームから飛び降りた女性がサラに間違いないと証言してもらったのです。サラのベスになりすました生活が始まりました。

しかし、そう簡単な事ではありませんでした。生前、刑事だったベスは不祥事を起こしており、サラはその問題にも対処しなければならなかったのです。しかも、ベスには恋人がいました。手探りで、なんとかうまくかわしながら生活するサラの前に、またしても自分と瓜二つの別人が現れたのです。

サラは、やがて自分がクローン人間であることを知ります。そして、自分たちクローンを抹殺している暗殺者がいることも。サラは同じ遺伝子を持つクローンたちと協力し真相を究明し始めます。サラたちの命を狙う暗殺者は誰なのか。そもそも、違法であるはずのクローン人間がどういう理由で作られたのか。生殖能力を持ち合わせていないはずなのに、なぜサラには子供ができたのか。ひとり娘キラとの平和な生活だけを望むサラの意思に反して、彼女の周りでは次々と事件が引き起こります。そして、とうとう暗殺者の手がキラへ…。

世の中には自分にそっくりな人が3人いるといいますが、実際に自分の身に起こったらどうでしょう? しかも、3人どころではなかったら?

このサスペンスドラマは、次第に明かされる謎、その謎をめぐる敵との闘い、テンポの良いストーリー展開で視聴者を夢中にさせます。

そして、サラも含め、1人で何役もこなすカナダ人女優、タチアナ・マズラニーの演技にも目が離せません。彼女はこの役で、いくつもの賞を取っています。

でも、他の役者さんたちも魅力的なんです。サラと一緒に孤児院で育った弟分で、ゲイという設定のフェリックス役のジョーダン・ガヴァリスは、思いっきりセクシーで美しいです。

セクシーといえば、ベスの恋人ポール役のディラン・ブルースは、かなりのイケメンで、サラも思わず心を許してしまいました。よく考えると、女性役は全てではないけど、ほぼタチアナが演じてしまっています。かなりのハードスケジュールでしょうね。彼女のギャラは人数分もらえるんでしょうかね。何人分かは、本編を見てのお楽しみにしてください。

そんなサラのクローン姉妹の中で、ひときわ異彩を放っているのが、ヘレンでしょう。まさにタチアナの迫真の演技が見ものですが、かなり不気味で、怖いくらいです。ヘレン以外のクローン姉妹もそれぞれ個性的で、このドラマを盛り上げてくれます。アクション、スリル、笑い、ラブ、そして謎、一気に最後まで観ることをおススメします。というか、止まらないでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。